報告

第5回守山区小幡地域会議の報告

生活の質を高めるために(食・住まいなど)地域でのつながりづくり地域のマンパワーを集めよう

記入日:2013年6月29日

【開催日】  6月20日(木)  午後1時~3時

【開催場所】コープ小幡店2階会議室

【参加者】 いっぷく茶屋相談民生委員   守山区社会福祉協議会  守山区西部いきいき支援センター  北医療生協  いきいきワーカー図おばた  名北福祉会  寺子屋実行委員会  見守りそくしん隊守山   コープあいち福祉サービス名東  コープあいち守山センター  生活支援ネットちくさ  コープあいち生活サポート

(1)参加団体の活動の近況を報告しました。

:夏祭りの寺子屋の企画紹介、最近は、ものをつくる企画や日常的に会場で活動しているグループの企画が増えています。

:お出かけ安心バスを65歳以上の方を対象にして週2回運行をして、定員24名でスタートしました。

:守山エリアで、移動店舗(販売)を計画しています。店を移動させるだけでなく、地域との協力関係を作らないといけない。

:瀬古学区では、地域のサロンが集会室行われています。あわせてその日にサンマルシェの移動販売車が来ています。

:見守り会員の交流会を開催。見守りあうグッズとして「私のおせっかい手帳」を相談して作成することにしました。

(2)今後(次回)に向けて

地域会議の一つのテーマとして「食、買い物支援」のつながりを考えます。

次回は瀬古学区での思いを語っていただけるように日程を調整します。

秋の福祉まつりに地域会議のメンバーでコーナーが出せないか相談をします。

 

:お出かけ安心バスは、運転ボランティアと介護ボランティアが活動しています。運転ボラが不足しています。

記入者:今井 信彦

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です