「地域における支え合い事業」とは

 

「地域における支え合い事業」は、地域での様々な困りごとを
解決につなげていく新しい支え合いのモデル事業です。

コープあいちと愛知県が実施主体となって
NPOや民間事業者、行政や住民組織の皆さんと協働でとりくみます。

制度の谷間にある様々な困りごとがあります。
困りごとの要素が複合的に重なる課題もあります。

こうした困りごとをどうしたら解決につなげていくのか
地域の様々な情報を共有し、顔の見えるつながりをどうすすめるのか
地域の活動の担い手づくりをどう応援していくのか

そんなことを、県民のみなさまと一緒に取り組んでいきます。

5つの地域の活動をモデルとしてすすめて、
この経験を様々な地域での活動へとつなげていきます。

5つの地域

千種区・本山地域  守山区・小幡地域  緑区・大高地域
豊橋市・舟原町地域  奥三河・中山間地域